研究室紹介

Software Engineering

良いプログラムとは何かを考えます。

  • プログラムの信頼性
  • プログラムの使用性(ユーザインターフェイス)
  • プログラムの機能性
  • プログラムの効率性(速度、資源)
  • プログラムの保守性

良いプログラムを作るための手法を考えます。

  • プログラムの生産性
  • プログラムの移植性
  • プログラムの拡張性

Software Design & Programming

ひらこばの写真

ひらこばの写真

ソフトウェアを正しく作ることが難しい理由

  • ソフトウェアが目に見えないため、動作が把握しにくい
  • 開発作業のほとんどが人手によるため、思い込みやコーディングミスなどを引き起こしやすい

ソフトウェアが目に見えないことの解決策

  • ソフトウェアの振る舞いを設計段階でモデル化する
  • ソースコードを可視化する

ソフトウェアの開発作業のほとんどが人手によることの解決策として、開発の主体をコーディングからモデルベースに抽象化する手法が有力視されています

Software Testing

自分が作ったプログラムが正しく動作することを他人に説明する(証明する)には、どうすればいいのでしょうか?

  • プログラムの信頼性向上のための一つの手法がテスト技法です
  • 一般に、プログラムの開発費用の中でテストにかかる費用は、全体の約半分と言われており、莫大な費用がかかっています
  • テストでは、実行した入力データ(テストデータ)に対してのみプログラムの正しさを保証できるので、プログラムの品質は、どのようなテストデータに基づいてテストしたかに依存します。したがって、テストデータを選定する上で、テストデータについての条件を記述したテストケースの作成が重要になります
情報システム工学科 准教授
片山徹郎

過去制作したツール