2018年度片山徹郎研究室 開発ツール群

修士

  • UMLとソースコード間のトレーサビリティを
    リアルタイムに維持するツールRETUSSの実装と評価

学士

  • UMLとソースコード間のトレーサビリティを
    リアルタイムに維持するツールRETUSSにおける
    言語C++への拡張


  • Javaプログラムデータ遷移可視化ツール
    TFVISのスケーラビリティ向上のための改良


  • ゲーム開発におけるテスト支援ツールの試作

戻る